1981年(昭和56年)に亡くなられた奈良東大寺管長だった「上司海雲」師の命名によるものであり、「シュピーゲル」はドイツ語で「鏡」である。